ムービー

モンコレの世界(2)

←モンコレの世界(1)へ モンコレの世界(3)へ→

勢力「モンブラン錬金研究所」


【前世界の遺物】
こういうウワサがある。
世界は何度も繰り返されているのではないかというウワサだ。
そして近年、とある錬金魔導師によって生み出されたこの「錬金生物」は、前世界での世紀末に活躍した兵器なのだという。
真実は定かではない。
しかし、今までの錬金技術ではとうてい作ることのできなかった巨大な生物が、そこにはあった。
巨人の名を冠するこの錬金生物たちは一騎当千。出力や専用魔法工芸品との互換性。
すべては規格外の性能をしていた。

【錬金生物の復活】
錬金生物は暴虐なる皇帝オルクスへの対抗手段として、錬金魔導知識を持つモンブランによって開発された。
モンブランが錬金生物開発に踏み切ったのは、『世界の終焉』に起きる、重力異常や地震を頻発させる「土」属性の異常現象『マグネリア』を、錬金生物のエネルギー源として転用できるようになったためだと考えられる。
そして彼は、常々研究してきた魔法生物たちと、旧友のエルフとドワーフのサポートを得ながら、錬金生物による対オルクス兵団を整えつつあるという。

  

【黄金熊のモンブラン】
謎が謎を呼ぶ、正体不明で変態嗜好な、黄金熊のぬいぐるみ。
レアな魔物から隣のおねえさんの下着の色まで、なんでも知っている。
自身が魔法生物であることはもとより、様々なゴーレムやホムンクルスの研究を日々続けていたモンブランは、錬金魔導においても他の追随を許さぬ造詣の深さを持っていた。
彼は世界のどこまでを知っているのだろうか。



【金剛神ハデス】
標準的なサイズでも巨人なみのサイズを誇る錬金生物だが、その中でも最大級のサイズと威容を誇るのが『金剛神』の異名を持つハデスである。
一般的な錬金生物は生命力や魔力が欠落し、自らの意志もほとんど持ちえないため、遠隔操作や直接的な操縦が必要とされるものが多い中、金剛神ハデスは強い魔力と半ば自律した意志まで持つという。



勢力「風魔の隠れ里」


【妖狐とフォクシア】
古くから六門世界の闇に生きる種族があった。
その種族は生まれながらに人間に化身する能力を持ち、平時は農村や都市に紛れ住む「草」として、六門世界で最大の勢力を誇る人間という種族を観察し続けていた。
複数の尾を持つ狐の姿で、「忍術」と呼ばれる独自の魔法形態を構築したその種族は、いつからか自らを「妖狐」と名乗るようになったという。
元をたどれば妖狐は獣の姿を持つ種族であったが、ある時を境に妖狐は「狐の姿のまま生きるもの」と「人の姿で生きるもの」とに分かれていった。
後者は「フォクシア」と呼ばれ、フォクシアの中にはやがて人間の姿を保つ方が普通の状態で、妖狐の姿に戻れぬものまで現れるようになったという。

【傾国の妖貴妃】
歴史の影で暗躍する一族。
それがフォクシアを語るときにもっとも適している言葉だ。
今回、行われている通称「妖貴妃」作戦も、彼女たち一族だからこそ依頼された仕事。 
とある小国に潜り込み、裏から国を転覆させてほしいという内容だった。
六門世界の歴史をさかのぼっても、妖狐とフォクシアが国を持ったという記録は残されていない。
絶対数が少ないというのがその一因でもあるが、暗躍してきた歴史が長すぎて、表舞台に立てない種族になってしまっているからだ。
すなわち、フォクシアとはなにかに依存しなければ生きていけない。
光のないところに影はできないのだ。

だから今日も彼女たちは、人を欺く。
自分たちが自分たちであるために。

  

【妖貴妃ヴィクセン】
伝説の「九尾」の妖狐へ変化できる、見目麗しいフォクシアの美女。
もしヴィクセンが九尾の妖狐へと変化する姿を目にした者がいたならば、その命は風前のともしびといえるだろう。
妖狐と人間への変化能力の他にも、秘伝の「忍術」にも秀でており、さらには持って生まれた黄金の瞳で、視線を合わせた者を幻術の迷宮に閉じ込める力を持つという。
「風魔忍軍」と呼ばれる諜報戦闘組織の実質的なリーダーであり、彼女の潜入作戦のために、数多くのフォクシアたちが暗躍しているようだ。



【白狐イヅナ】
ヴィクセンに次ぐ「七尾」への変化能力を秘めた、フォクシアの少女。
フォクシアには代々「金輪眼」と「銀輪眼」を受け継ぐ2つの優れた血統があり、いずれかがフォクシアの棟梁に就くことが通例となっている。
イズナは自由奔放な性格のようで、まだ幼さが残っていることもあってか人心を操るような機微には乏しいものの、その行動力と身のこなしはフォクシア随一といわれる。ヴィクセンの右腕として、日々潜入作戦を陰から支えている。
フォクシアには珍しい白い髪を持つことから、異種族の血が混ざっているのではないかとフォクシアたちの間でもウワサになっているが、真実は誰も知らない。



→勢力「モンブラン錬金研究所」「風魔の隠れ里」が収録されている商品【トライアルデック『金剛神』『妖貴妃』】はこちらから!

モンコレの世界(3)では、「六門世界の歴史」について掲載予定。乞うご期待!

←モンコレの世界(1)へ モンコレの世界(3)へ→



  • モンコレモバイル
  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード
  • カードファイト!! ヴァンガード
  • ヴァイスシュヴァルツ
  • ChaosTCG
  • ヴィクトリースパーク
  • 探偵オペラ ミルキィホームズ
  • キング オブ プロレスリング
  • ファイブクロス
  • 月刊ブシロード
  • ブシロード旅行記
  • HiBiKi Radio Station